スマートフォン向け表示

金沢の伝統集団演技 「若い力」

「若い力」 ~脈々と受け継がれて73年~

「若い力」は昭和22年(1947年)に開催された第2回石川国体に際して「スポーツの歌」として制作されました。また同時に、この曲に合わせて演技するマスゲームの振り付けも創作されました。
※画像:第2回国民体育大会開会式での演技(稲場宏様提供)

当時、日本は敗戦の痛手を背負いながらも復興への道を歩み始めていました。

スポーツの力で戦後日本の復興と再建を目指し、第1回国民体育大会が京都を中心とする近畿地区で開かれた後、国民に元気の出る歌をということで、第2回石川国体に際して作られたのが「若い力」です。

戦後間もない昭和22年に、皆が心をひとつにしてこれからの日本を再建し、若い人たちが元気で、一生懸命に希望と夢を持って頑張ろう!それにふさわしい歌として作られました。

昭和22年に開催された石川国体は「世直し国体」とも言われました。

敗戦から2年、スポーツをする環境も十分ではなく、食糧難も続いていましたので、選手たちは自分たちの食する米を担いで来なければなりませんでした。

それでも、全国から1万3千人もの選手・役員が集まり、日本の平和と復興への願いを込め、選手たちは競技場いっぱいに躍動しました。

昭和22年10月30日 雨の多い金沢では珍しく、明るい日本の未来を予期するかのように爽やかに晴れ上がった秋空と昭和天皇臨席のもと開会式会場の金澤市運動場(現 金沢市営陸上競技場)で、力強く軽快な「若い力」のリズムに合わせて金沢市内の小学6年生男女約4,000人が大観衆を前に堂々と躍動感あふれる演技を披露しました。
これが初めて公に披露された「若い力」の始まりでした。

「若い力」が制作されて73年、第2回国民体育大会が開催された金沢市営陸上競技場で、金沢市の小学生たちは今なおその伝統と歴史を脈々と受け継いでいます。

スポーツの歌「若い力」の誕生

~広く愛誦される歌でありたい~

若い力
作詞:佐伯孝夫、作曲:高田信一

「終戦後、スポーツの勃興は全国的に目覚ましいものがあり、スポーツ復興の熱意は各地に燃えているが、これに対して明朗なるスポーツの楽しさを讃える歌曲が全然ないことが甚だ遺憾とされてきた。」(①109頁)とのことで第2回国民体育大会を機にスポーツの歌を選定することになりました。

選定にあたっては、まず、歌詞をコンクールによって決めることとし、作詞家7人のうち4人に絞りましたが一回目の審査では決定できず、二回目の審査において佐伯孝夫氏の作を入選と決定し、さらにその場で若干の加筆をしてもらいました。

曲においては、歌詞決定後に10人の作の中から投票により高田信一氏の曲に決定しました。

この「若い力」という歌は、必ずしも国民体育大会の歌として選定したのではなく、広く「スポーツの歌」として時と場を問わず、若い力と感謝のあるところ、愛誦されるようありたいというのが制定の趣旨でありました。

「若い力」演技創作への情熱

演技に込められた思いは永遠に続く・・・

「若い力」の演技を創作 稲場四郎先生

「若い力」の演技は、当時、石川師範学校男子部付属小学校に勤務する稲場四郎先生や野町小学校の勝尾信子先生、文部省職員の3名で創作しました。
稲場先生は、大正8年(1919年)生まれ、60歳まで教師、校長として小学校に勤務し、70歳まで保育園園長として子どもたちと楽しく過ごしました。
若いころはバレーボールで活躍し、70歳でテニスを始め、独自の練習方法などで熱心に練習を重ねてねんりんピックで優勝しました。88歳までテニスに親しみましたが、平成30年2月13日に99歳で亡くなられました。平成9年には勲五等双光旭日章を受章しておられます。
※画像 稲場四郎先生(21世紀美術館にて:稲場宏様提供)

「若い力」の演技は、国体を主催する大日本体育会(現 日本スポーツ協会)が金沢市体育研究会に演技の創作と指導を依頼し、稲場先生、勝尾先生、文部省職員の3名で創作しました。

この演技は、平和で明るい未来に向かって新しい日本を創っていこうという力強さを表現して動きを考案したそうです。

また、演技のひとつひとつには意味や思いが込められており、特に歌詞の「競え青春・・・」の部分で指先をまっすぐに伸ばした演技には「指先や視線の先にあるのは『明るい未来』」という稲場先生の思いが込められているとのことです。

稲場先生は、亡くなる直前まで毎年、小学校の運動会や連合体育大会に足を運ばれ、子どもたちの「若い力」の演技を観て喜んでいたそうです。
※画像:稲場四郎先生「若い力」の指導(稲場宏様提供)

稲場四郎先生のコラム(金沢市教育委員会五十年史より)

【コラム】 未来に向かっていく若者たちへ
     ~「若い力」に込められた思い~

平成26年 金沢市小学校教員

みなさんは、金沢と「若い力」の歴史について知っていますか? 
日本中の多くの都市が焼け野原となっていた戦後間もない昭和二十二年、戦火を免れた石川県で国民体育大会(国体)が開催されました。日本は何もかも失い、国民は老いも若きも戦争によって心も体も傷ついていました。日本が立ち直り、復興するためには特に青少年の力が必要でした。その青少年に夢と希望を抱いてほしいという願いから、平和の象徴であるスポーツの祭典が企画されたのです。

敗戦から二年・・・。混乱の中、まだ食料も乏しく、運動着すら不足していた時代でした。しかし、全国からは、一万三千人もの選手が集まり、平和と復興への思いを込め、競技場いっぱいに躍動したのです。皆が心を一つにし、若い人たちが元気で、一生懸命に夢と希望をもって挑む国体。それにふさわしい大会の歌として、「参加者全員で歌える歌を!」と作られたのが、この「若い力」でした。

この歌に合わせ文部省より依頼され、稲場四郎先生や勝尾信子先生、文部省職員の三名が中心となって振りつけを考えることになりました。稲場先生は、毎日毎日図書館に通い、猛勉強しました。これからの平和な日本を背負って立つ男女が初めて一緒に演じることで、これからの日本の幕開けとしたい。心身ともに健全な平和な国、世界づくりをしてほしい。そのためには、エネルギーがあふれ、新しい気持ちでやらなければならない。どんな動作がいいのだろうか。

そこで、稲場先生は、はじめから終わりまでの全ての振りつけの動作に意味を持たせました。例えば、「競え青春」の歌詞の時は、空に向かって手を伸ばすポーズとし、平和な世の中や明るい未来を見据える力強さを表現しようというように。とにかく平和な国の一人として生きていく。そのために心身ともに健康な人間育成の応援歌でありたい。それなら、一連の流れの中で、強く、弱く、大きく、小さく、柔らかく、ビシッ、パッと決められるようにしよう。なおかつ、ふわりと流れに乗ることができるようにも・・・。

「日本にラジオ体操」なら、「金沢に『若い力』あり!」と誇れるものにしたい!

大切な第二回国民体育大会の開会式の演技は重大でした。子どもたちに「若い力」の心、演技をしっかり先生方に依頼し、広め、はつらつと演技ができるようにしなければならない。

「力強く堂々とあれ!」そんな体操にしなければならない。

月日は経ち、苦労を重ね、何度も改良し、国体の開かれる十月に「若い力」がようやく完成しました。当時の子どもたちは、夏の炎天下にもかかわらず、何度も練習に行きました。

第二回国体開会式の会場は、現在の金沢市営陸上競技場です。その開会式のセレモニーで、市内の小学生によって初めて披露されました。緊張しながら一生懸命に演じた子どもたち。稲場先生は、戦後を担う子どもたちのあるべき姿の代表であるすべての六年生が、力強く表現してくれたという感動で胸がいっぱいになりました。

現在、「若い力」は国体の大会歌として使われています。石川国体の開会式の会場であった金沢市営陸上競技場において、金沢市内の全ての六年生が連合体育大会で、「若い力」を踊ります。約二千人ずつ二組に分かれて踊るのですが、違う学校が集まっても、一糸乱れぬ華麗な演技を披露しています。

金沢の人にとって、「若い力」は、平和と繁栄の思いが詰まった歌なのです。これからの日本を担っていく子どもたちに幸あれと願って。稲場先生の胸には、熱き思いがこみ上げてきます。「今の演技、表現が子どもたちの動作だけが伝承され演じられるのではなく、精神も中に入っていってほしい。力強さ、情けを感じる柔らかさ、これからの自分の活躍、夢・・・などを思い描きながら力強く表現し、受け継いでいってほしい。」と。

この思いを胸に抱いた金沢市内の六年生が、金沢市営陸上競技場に集います。

「若い力」は、戦後、多くの世代を越えて心をつないできたのです。

金沢市立小学校連合体育大会 と 「若い力」

この大会は明治19年に始まったとされていますが、参加児童の輸送バスや競技場近隣の交通事情から昭和46年を最後に全校が一堂に会しての大会ではなくなり、市内7ブロックに分かれての開催になりました。

その後、平成3年度の第46回石川国体(2巡目)開催を契機に再び金沢市営陸上競技場に全市立小学校6年生が集まって開催することになりました。

平成3年度は雨で中止となりましたが、平成4年9月9日に全市立小学校6年生5,350人が再び金沢市営陸上競技場に集まり、「若い力」の集団演技と運動会を開催し今日まで続いています。

「若い力」の演技は金沢市立小学校の教育課程(表現運動)となっており、児童全員が学んでいます。

金沢市小学校教育研究会体育部会の先生方を中心に、各小学校の先生方が情熱を持ち熱心に演技指導を続けられていることで金沢市の運動文化として継承され、深い歴史が築かれています。
※画像:北國新聞(平成25年9月26日(木)朝刊より)

■金沢市立小学校連合体育大会とは

金沢市立小学校連合体育大会は、金沢市立小学校の6年生全員が一堂に会し、運動に親しみ、心身ともに健全で調和のとれた人間形成を目指して行われます。

また、設備の整った競技場で力や技を競い、運動文化を継承し、スタンドとグラウンドが一体化することによって生まれる感動を味わわせることを目的にしています。

特に「若い力」の曲に合わせての集団演技は、演じる子供たちはもちろん、観客にも感動を与え、生涯忘れることのない思い出となっています。(⑪)

■金沢市立小学校連合体育大会年表

<昭和22年>
第2回国民体育大会(石川国体)
金澤市運動場(現 金沢市営陸上競技場)での開会式後、市内小学6年生男女約4千名が「若い力」を演技

<昭和25年度~昭46年度>
小学校連合運動会
金澤市運動場、旧市内小学校で開催
「若い力」を全員で演技していた。
学校数の増加や交通事情により一斉開催が困難になる。

<昭和47年度~平成元年度>
小学校体育交歓会
市内の近隣校下の7ブロックに分かれ開催。
器械運動、球技、綱引き、リレー、水泳などが行われていた。
水泳はのちに金沢市立小学校水泳交歓会として単独で実施するようになった。
7ブロック開催となったことで、「若い力」の演技を実施する学校としない学校に分かれた。

<平成2年度>
小学校ブロック体育大会として開催。(7ブロック開催)

<平成3年度~>
金沢市立小学校連合体育大会

平成3年度は雨天中止、平成4年度から再び金沢市立小学校6年生全員が金沢市営陸上競技場に会して「若い力」の演技を行っている。
平成5年度まで男子生徒は上半身裸で演技していたが、平成6年度より全員体操服での演技となる。

「若い力」への思い

「若い力」への思い 投稿フォーム

金沢市陸上競技協会 会長 小阪栄進様

昭和444月、金沢市立中村町小学校に新採で赴任した。秋に市営陸上競技場で小学校連合運動会が開催され、6年生全員が参加したが花形はリレーと若い力だった。

若い力は力強く躍動的で演技者も見る者も魅了した。

次の長町小学校で稲場四郎校長と出会った。
若い力誕生の苦労話しやエピソードをよくお聞きした。
一つ一つの事を徹底してやる事の大切さを学んだ。

一時、交通事情等で中断したが、平成3年開催の石川国体を契機に若い力が復活し、私達金沢市小学校教育研究会体育部会が中心になり連合体育大会を運営してきた。

夕日寺・森山小学校校長時代に実行委員長の大役を命じられたが、若い力の集団演技の美しさにスタンドから大きな拍手と歓声があがった事が忘れられない思い出である。

若い力は金沢市の伝統あるスポーツ文化であり、今後もずっと継承され連合体育大会や各学校での運動会等で演技され続けられていく事を強く願っている。

金沢市小学校教育研究会 体育部会様

金沢市内の各小学校によって、伝統的に受け継がれてきた若い力の踊り。直線的な手足の動きと素早い上下左右のきり返しが主たる動きとなる。

現代流行の踊りやダンスのように軽やかなステップ、大きなジャンプ、回転やひねりを取り入れた華やかな動きではない。しかし若い力は、指先まで伸びきるように神経を配り、その指先を見つめる視線、伸ばした両手の平の向き、腕の角度までにもこだわる繊細かつ勇壮な踊りである。

そして若い力は、一人で踊るよりも複数人で、多人数で、さらに大集団で仲間と動きと呼吸を合わせて踊ることにより、楽しさが倍増し、見ている人にその良さを伝えることができる踊りである。

市内小学校の6年生児童が一堂に会する連合体育大会の若い力の演技で、小刻みな小太鼓の音の後、前奏開始で指の先まで伸びきった両手が一斉に挙がる瞬間は、見ている者の大きな感動が陸上競技場を包む。

これからも、この伝統「若い力」が永遠に受け継がれていくことを誰もが願っている。

金沢市 30代 女性(大浦小学校出身)

今でもこの曲を耳にすれば身体が勝手に動いてしまい、もはや染み付いてしまっている思い出深いものです。
母校の小学校では運動会で高学年の児童が組体操とセットで披露する演目でした。
当時は、金沢市内のみに伝わる集団演技という事は知らなかったので、同じ県内でも市外の友人には通じない事に驚きました。

金沢市 40代 女性(西南部小学校出身)

6年生の運動会でマスゲームで演技しました。
30年以上経ちますが、今でも曲が流れてると身体が動いてしまいます。
自分の出身校に息子が通っています。
運動会で6年生が若い力を演技してました。とても嬉しかったです。
最後にピーンと腕をのばし青空を見上げた瞬間 涙があふれてきたのを思い出しました。
感無量です。
これからも若い力は継承していって欲しいです。

金沢市 50代 女性(不動寺小学校出身)

私が小学生のころ、「若い力」は男子だけのものでした。
そのかっこよさに男子になりたいと良く思ったものです。
子育てをし始めて、子どもが若い力を運動会でする姿をみて、私もやりたいなと思いました。
連合体育大会の時に、その一体感をみてやりたい思いが止まらなくなり、友人を募り「大人の若い力」とネーミングをして練習をしました。
その後、活動が止まりました。
今回、このプロジェクトを知り、老若男女、世代を超えて一体になり、健康・楽しみを分かちあえる場が広がればと思います。

金沢市 40代 女性(戸板小学校出身)

若い力といえば、グランドの土の匂いと感触を思い出します。
当時は裸足で踊りました。ひんやりと湿った土が気持ちよかったり、さらさらした乾いた土でブルマが白くなったのを払いあったり。みんなで合わせて踊る時に重なる音や土ぼこりが好きでした。
背中や膝頭に土をつけて拍手の中退場する時、とっても誇らしい気持ちになった思い出があります。

「若い力」よ、永遠に・・・

「若い力」が70年を超える長い間、多くの金沢市民に親しまれ愛され続けているのは、金沢市の小学校の先生方が熱意を持って子どもたちにその歴史を伝えてきたことと、この演技による一体感を体験できる機会を長く継続してこられたことによります。

ひとつのものにみんなで取り組み達成すること、何かに感動する心や気持ちをもつことは子どもたちの成長にとってとても大切なことです。

そして、世代を越えて共有できるものがある、知らない者同士でも繋がっている絆がある、金沢市民にとってそれが「若い力」なのです。

私たち金沢市民は、この「若い力」の歌と演技、それらに込められた思いを伝え、金沢の運動文化の礎として、そして金沢市民の心の拠りどころとして、この伝統をこれからも永く守り続けていきたいと思います。
<画像>
左:北國新聞(平成27年10月2日(金)朝刊より)
右:金沢市スポーツ事業団撮影(令和元年9月18日(水))

【若い力 演技動画】 演技を覚えて踊ってみよう!(演技要領PDF)

石川新聞(昭和22年10月31日 国体開会式での若い力の演技写真)

55年前(昭和40年)の「若い力」などの演技(金沢市在住の女性の方より提供)

金沢市商店街連盟「若い力」動画

「若い力」プロジェクトページへ

【出典、引用、参考文献】

①第二回国民体育大会報告書 第二回国民体育大会石川県準備委員会/編 1948

②第二回国民体育大会写真帳 第二回国民体育大会石川県準備委員会/編 1948

③第二回国民体育大会パンフレット(金沢市立玉川図書館所蔵)

④金沢市教育委員会五十年史 金沢市教育委員会五十年史編纂員会 金沢市教育委員会 2005

⑤金沢の百年 大正・昭和編 金沢市史編さん室/編 金沢市 1967

⑥新聞で見る75年史 昭和後編 北国新聞縮刷版編集委員会/編 北国新聞社 1968

⑦第2回国民体育大会(1947年石川国体)に関する研究(1)-その構想と準備について-大久保英哲 特任教授(金沢星稜大学人間科学科スポーツ学科) 2019

⑧稿本金澤市史学事編第三 金沢市役所 名著出版 1973

⑨金澤市例規類集 金沢市

⑩北国新聞 平成499日(水)夕刊

⑪第29回金沢市立小学校連合体育大会について(案内文) 金沢市立小学校連合体育大会実行委員会 令和元年9月吉日

⑫時系列地形図閲覧サイト「今昔マップon the web」((C)谷謙二)